他の金融商品との比較

外国通貨で預金を貯める外貨預金は、日本円の預金よりもはるかに高金利であるため人気のある金融商品ですが、外貨への投資を行う金融商品は外貨預金だけではありません。外貨預金の有利な点、あるいは不利な点はどこでしょうか。他の外貨建て金融商品と比較してみましょう。

外貨投資として外貨預金とよく比較される金融商品が、外貨建てMMF(マネーマーケットファンド)です。外貨建てMMFは、日本に持ち込まれ販売されている海外の投資信託のことです。投資信託なので元本保証は無いのですが、対象となる外国の中でも特に信用格付けの高い公社債や短期金融商品を中心に取り扱われるので、リスクの低い金融商品です。ただし、運用するにあたって金融機関に運用報酬を支払わねばなりません。

外貨預金が外貨建てMMFより有利な点は、為替差益以外のリスクが無いこと、保有するのに費用がかからないこと、外貨での送金や引出しができることです。不利な点は、為替手数料が割高であること、為替差益に税金がかかることです。

外貨への投資として最近になって急激に人気を高めているのが外国為替証拠金取引(FX)です。FXとは簡単に言えば外国通貨の売買のことで、為替差額による利益と、外貨に付けられる高金利(スワップポイント)が狙いです。自己資本を担保にすることで、多額の資金を運用できるのが魅力です。この仕組をレバレッジと呼びます。

外貨預金がFXよりも有利な点は、預け入れ時の金利を固定して受け取れるのであらかじめ利益を予測できることです。不利な点は、レバレッジを利用できないこと、為替手数料が割高なこと、取引可能通貨が少ないことなどです。レバレッジを用いなければ、多自己資本を超える損益が出ることもないので、外貨預金よりもFXの方が総合的に有利と言えるでしょう。