外貨預金のデメリット

日本円以外の外国通貨で預金することを外貨預金と言います。超低金利の日本円預金に比べて高い金利を受け取ることができ、為替相場によっては元本が増えるといったメリットがある一方で、外貨預金にはデメリットもあります。外貨預金のデメリットを簡単に紹介します。

外貨預金の最大のデメリットは為替相場により損益がでる危険があることです。外貨預金を日本円に戻す時の為替相場が、預け入れた時よりも円高・外貨安になっていた場合、元本が減ってしまいます。金利分を相殺してしまうほどの円高になれば、預金資産なのに元本割れになりかねません。特に長期の定期預金を組む場合には、為替相場がどのように変動するかを見極めなければなりません。

次に、日本円を外貨に替えたり、外貨を日本円に戻すのには為替手数料がかかるというデメリットがあります。さらに外貨預金の為替手数料はFXなどの他の外貨投資に比べて高くなっています。外貨預金は確かに日本円の預金より高金利ですが、実際の利益は為替手数料を差し引いた値になります。

また、外貨預金が預金保険の対象外となることもデメリットの一つです。日本の金融機関が破綻した場合には、日本円の預金については預金保険機構が一つの金融機関につき一人の預金者に最大1000万円の元本とその利息を保証してくれますが、海外の金融機関への預金と、日本の金融機関の外貨預金については保証の対象外となっています。

外貨預金をなさる場合には、このようなデメリットがあることを頭に入れておきましょう。またリスクを負い過ぎないように、外貨預金は資産の余裕分で行いましょう。