外貨預金のメリット

米ドルやユーロなど、他国の通貨建ての預金を外貨預金と言います。外貨預金のメリットについて簡単に説明しようと思います。

まず、外貨預金は円預金よりも高い利息を受け取れます。日本ではここ二十年ほど、景気を活性化するために政府が主導して低金利政策を行っているので、超低金利時代と呼ばれるほど金利が低くなっています。経済発展著しい新興国はもちろん、日本以外の先進国でも日本よりは高金利です。

外国為替相場によって差額利益が得られることも外貨預金の大きなメリットです。満期になり円換算する時に、預金した時よりも円安・外貨高になっていれば、元本が増えがます。日本政府はアベノミクス政策により円安への誘導を図っているので、今後も順調に円安が進めば、大きな為替差益が見込めます。

多額の資金を運用している個人や法人にとっては、外貨での預金を持っておくことで、通貨価格変動のリスクを分散するというメリットもあります。日本円の預金しかしていなかった場合、もしも日本の経済が崩壊して日本円が暴落すれば、日本円建ての預金資産も暴落し、日本での資産を外国資本に買い叩かれてしまいます。複数の外貨を準備しておくことで、通貨価格下落による資産価値の下落を予防できるのです。

このように外貨預金には色々なメリットがあります。ただ為替差損のでるリスクもあるので、外貨建てにするのは余裕分だけにしてきましょう。外貨預金の口座は日本の銀行でも取り扱っているので、簡単に開設できますし、窓口で詳しい説明を受けることもできます。お金に余裕のある方は外貨預金を始めてみたらいかがでしょうか。