外貨預金とは

外貨建ての預金を外貨預金と言います。バブル崩壊からの景気回復を図り超低金利政策が採られている日本では、日本円での預金ではほとんど利息がつきません。そこで1998年の金融ビッグバンにより、全ての普通銀行で外貨預金を取り扱うようになって以降、はるかに高金利の外貨預金が人気を伸ばしてきました。

高い金利以外にも、為替差額による利益や、通貨価格変動に対するリスク分散など、外貨預金にはいくつかのメリットがあります。一方で為替差損や、高い為替手数料、預金保険の対象外であるが故のリスクなど、多くのデメリットもあり、外貨預金の運用には注意が必要です。

また、外貨MMFやFXといった他の外貨投資が、外貨預金よりも総合的に見て有利であることから、外貨預金を行うことのメリットが薄れてきており、人気も落ちてくると考えられます。事実、多くの資金が外貨預金からFXに流れていると見られています。そのためFXとの差別化のために、外貨預金の商品価値の改善が今後行われていくとの見方もあります。

最近はアベノミクス効果により、円安が進展すると考えられるので、為替差益を見込んで外貨預金を始めることに大きなメリットがあると思います。日本の定期預金の金利の低さに、嫌気がさしている人もかなり多いはずです。外貨預金は日本の銀行で開設できるので、資金に余裕のある方は外貨預金口座を作ってみてはいかがでしょうか。